レンタル覚書〜学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD1〜5巻/佐藤ショウジ(作画)

4巻までがだいたいのアニメの内容。
アニメと違って驚いたのは、高城父が、憂国一心会の会長であり、その県の国粋系右翼の首領でした。な、なるほど…!アニメだと、武装してて軍隊っぽく規律正しい組織のトップのような謎の大金持ちでしたよ。まぁアニメだと大金持ちって過剰にキャラづけされてるから、そこまで不自然ではなかったのですが、こっちのが納得度が高いです。道理で電磁パルス攻撃対策された軍用車があるよ。主人公が高城と小さい頃からの知り合いだけど家に遊びに言ったことないのもこれですっきり。右翼団体の会長の家は、確かに怖いよな。親にも止められそうだし。にしても、右翼左翼系の話題は、取り除かれてるんだなあ。先生の友達宅での左翼についての主人公とヲタくんとの会話も省かれてるし。まぁ、それがこの漫画の本質じゃないからいいんでしょうけど。
5巻はアニメでやってなかったので、新鮮。田丸ヒロシ…。ヨン様みたいにチョイ役じゃなくて、なんかちゃんとした登場人物だよ。でもこれ、ヒロシだからあんまり素直に読めないよ…。これからガタガタしながらショッピングモールを出発するんでしょうけど、その際のやりとりが楽しみ。これの6巻もずっとレンタル中なんだよなあ。