428〜封鎖された渋谷で〜(Wii)

終了後の一言感想。「期待通りの面白さ。街の後継者として申し分なし」
街は大好きなのですよ。そして、428も大好きなのですよ。もう、それでいいじゃないか。
という寝言はさておき。いや、相当本気ですけど、さておき。
チュンソフトの実写サウンドノベルです。系統的には、街〜運命の交差点〜の流れを汲む。
渋谷にいる5人の主人公の物語。1つの事件を中心としながらも、それぞれの主人公ごとに物語がある。ある主人公の選択肢が他主人公の物語に影響を与え、BADEDとなったり難を逃れたりと運命を左右する。シリアスながらもコミカルで、独特の語り口ににやりとすること多し。最終的に、主人公達の物語は加速して収束する。鳥肌もの。
実写とはいえ静止画が主だが、読み込みもなくスムーズに動画が挿入される、文章にあわせて見せ方が多彩など、映像的にも文句なし。
ボーナスシナリオは、どちらも泣けた。まさかこんな形でTYPE-MOONの作品をちゃんと見ることになるとは、自分でもびっくりです。持ってる月箱をインストールさえしてないってのに。アニメのカナンも楽しみだな〜。
各主人公ごとに一時間ずつしか話を進められないのがもどかしくて早く進めたくて、でも終わらせるのがもったいないようで丁寧に遊びたくて、つまりとても楽しかったです。
街については、登場人物そのままは出てこないけど、登場人物を彷彿とさせるようなネタがちょいちょい出てくるので、街を遊んでいたら嬉しい。そして、直接的には全っ然関係ないので、街を遊んで無くても安心ですよ奥さん!
真シナリオ読了後、さてBADEDでも収集するかね〜と攻略サイトを検索してみたら、ナチュラルに全BADEDを揃えていた。なにこれすごい嬉しい。