遙かなる時空の中で3 十六夜記その5

九郎の十六夜ED見ました。以下、それについての激しいネタバレ。
ええと、まず勘違いしてました。平泉ルートから派生する十六夜EDもあります。…なんて書いちゃあ分かりすぎますね。まぁ、そんなことはどーでもよくなるくらいのEDです。
大爆笑。夜中に。EDで。やー、大団円以上に笑いました(アニメが無いのに!)。
内容も大団円ぽいです。ああでも、ヒノエがー。遙か3EDよりも、こっちのが九郎らしい気がします。真面目な話、遙か3EDは逃げて丸く治めた部分がありましたから。十六夜十六夜で、最後はめちゃくちゃ上手くいきすぎといえばそうですけど。とにかくインパクトがあってよかったですよ。冗談で言ってたことが、まさかねえ。瓢箪から駒とはこのこと。
熊野の風呂イベント良かったです。あれは一人一人の反応が実に楽しみで、もはや九郎イベントでおさまらないくらいに楽しめました。白龍はナイスだし、譲は照れて沈むのが可愛い。弁慶はさすがで、ヒノエも期待を裏切らない。全員分ヒノエが必ずコメントしてるのも面白かったですよ。
協力技は、意外と集めるの難しいです。イベントの選択肢によって入手できるのですが、どの選択肢か分かりにくいのが多い。ノーヒントなので、最後の1,2個でどのイベントかすら分からなくて泣きが入る予感。
バグ発見。些細ですが、平泉ルートの三章のところで、一回景時に「望美ちゃん」と呼ばれました。名前変更してるのに〜。
景時の十六夜フラグも同時に立ててたので、次は景時。